歯科医というと、痛くて怖い場所というイメージを持ってしまっている人も珍しくありません。

しかし、最近では医療技術の進歩により、出来るだけ大きく歯を削らない治療であったり、出来るだけ歯を温存するといった治療法が取られています。その影響で患者さんにかかる負担は以前に比べて格段に減っています。例えば、レントゲン撮影を行う事によって虫歯がどの程度まで進行しているかを、歯を削る前から医師が把握する事ができ、安全な治療計画を立てる事が出来ます。ところで、虫歯の治療は虫歯が進行してしまってから行ったのでは手遅れになってしまうという事も珍しくありません。

表面の部分が虫歯になってしまっている初期の物であれば、軽く削るだけで処置できてしまうのですが、歯のエナメル質をこえて虫歯が進むと、大掛かりな治療が必要になってきます。場合によっては歯科医による麻酔注射や神経の除去といった方法を取らざるを得なくなる事もあります。虫歯は最初のうちは痛みが出ることが無く、進行するうちにだんだんと痛みが出てきますので、痛みが出る前に歯科医で定期健診を行う事が大切です。

そして、虫歯を防ぐための最も重要な事は毎日の歯磨きです。夜眠っている間には、歯に悪影響を及ぼす菌が繁殖しやすい状態が続きますので、特に夜眠る前の念入りな歯磨きが必要になります。歯だけでなく歯茎もマッサージするように磨く事によって、歯周病などの病気を事前に防ぐことが出来ます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *