歯医者といえば、苦手意識がある人も多いのではないでしょうか。

その原因は、あの独特のドリルの音と治療時の痛みです。今は、歯科医療の発展で、昔のようなトラウマになるほどの痛い歯医者は減っています。まず、歯の接着剤の性能が格段に良くなりました。以前は、接着剤が悪く、深く削らないと詰め物が取れる恐れがありました。そのため、削るときに痛みがありました。しかし、今は浅くてもきちんと詰め物がつくため、痛みが軽減されました。

また、それにより歯科医の治療方針も変わり、現在ではMI治療が浸透しています。MI治療は、できるだけ削らず神経を取らず、歯の寿命を伸ばすことを目的としています。次に、麻酔もよくなりました。昔は、麻酔を注射するのも痛かったのですが、原因は針にありました。昔は、使い捨てではなく、消毒して繰り返し使うことが主流でした。消毒のたびに熱で針先が丸まって、歯茎に刺さりにくくなっていました。今は、使い捨てで針も細いので、蚊に刺された程度の痛みしかありません。また、ドリルで削らない方法が開発されました。

レーザー治療やエアーアブレーションによる治療のことです。レーザーはドリルより時間がかかるというデメリットもあります。エアーアブレーションは、細かい粒子を空気で飛ばして歯を削る方法です。どちらの方法も、進行した虫歯には適さないのが残念な点です。歯科医もできるだけ痛みが無いように治療をしようとしてくれます。しかし、進行した虫歯では痛みが出てしまいます。早く歯医者に行くのが一番の無痛治療になりそうです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *