最先端の入れ歯は、ノンクラスプデンチャーと言って、針金がありません。

歯茎を優しくガードしてくれるので、痛みを感じにくいというメリットもあります。従来の入れ歯は針金の引っ掛けが必要でした。しかし、最先端のものは針金のひっかけがないので、口を開いたときに金具が見える心配がありません。歯茎をガードするのは、シリコンです。柔軟なゴムのような素材で、心臓のペースメーカーやチューブなどの外科手術でも利用されているものです。

入れ歯のピンク色の部分にシリコンを張り付けます。従来までは硬いプラスチックが直接歯茎を押さえつけてしまったので痛みが出てしまいやすかったですが、その点がシリコンによって改良されています。歯茎への当たりが弱くなるので、痛くないからよく噛める、そのおかげで顎の骨が痩せにくい、というメリットが得られます。最先端の歯科技術では、生体シリコンを使った歯茎に馴染みやすい入れ歯の作成が可能になっています。生体シリコンは耐久性に優れており、硬いものが噛めます。

また、装着時に歯茎を圧迫し過ぎないので、粘膜の負担を少なくして骨が痩せ細る原因になる骨吸収を防ぐというメリットもあります。歯科で入れ歯を作るときには、歯科技工所がクリニック内に入っている歯科を探すと安心です。歯科技工士が在籍しているところは技工物の作製がうまいことが多いですし、微調整も技工士自らやってくれる可能性が高いので、精度の高い入れ歯が作れます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *