歯医者の数は場所によっては相当数に上り、どこに行ったらよいか迷ってしまう人は大勢います。

そこで実際に言った事のある人に意見を聞いたり、口コミでの評判などを頼りに選ぶことになります。良い歯医者という定義はかなりあいまいで、たとえば性格的に司会と会うか合わないかといったことも重要なポイントになるので人の評判をそのまま鵜呑みにするのは危険です。しかし、多くの患者を抱え、評判の良い歯医者にはやはりそれなりに理由があることは確かです。歯医者にかかるとき、まず患者側が行うのが電話での問い合わせです。その時の電話対応は患者とのファーストコンタクトであるため、とても重要な意味があります。

その時のスタッフの応対の仕方は、院長の経営方針や性格までが反映されることが多いためです。細やかな気配りのできる院長なら、患者側が気分を害するような雑な電話応対をすることを許すことはありません。そのため評判の良い歯科医院は多くの場合ファーストコンタクトにあたる電話対応は丁寧できちんとしていると言われています。

そして評判の良い歯科医院の最大のポイントは、治療に対する説明をきちんとしてくれるということです。口腔内にトラブルが起きた原因を探り、この先の治療方針や対策などを患者に分かりやすくきちんと説明するとともに、患者自身にできることも併せて指導してくれるのが視界の大切な役割です。歯科治療には多くの選択肢があり、その選択は患者自身にゆだねられることが多いため、患者がきちんと理解して納得した上で選択できるように、時間をかけて丁寧に説明することは良い歯科医の最重要の条件になります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *