歯周病は、初期であれば健康な状態に戻ることができますが、進行していくと元の状態には戻ることがなく、放置しているとどんどん病状は進んでいってしまいます。

最初は歯茎が腫れているだけですが、徐々に歯を支える骨が溶かされていき、最終的に歯がグラグラになって抜けてしまいます。原因は、お口の中の汚れなので、歯周病治療で大切なのは清潔にするということです。自宅での歯磨きも立派な歯周病治療です。虫歯のように削って詰めてもらうのを待つのではなく、自分を治療するつもりできちんと磨いていきましょう。

歯科医院に治してもらうという意識ではなく、スタッフと協力して一緒に治してくと考えると、治療は円滑に進んでいきます。歯科医院で行う歯周病治療は、歯ブラシでは落とせない歯石の除去です。歯の表面についている、目に見える歯石はもちろん、歯茎の中にある目に見えない歯石まで取り除くことで、原因となる菌を減らしていきます。歯石を取る治療は一回では終わらせることができないので、何度も来院する必要がありますが、大切な治療なので最後まできちんと通うようにしましょう。

通っているうちに、歯茎の腫れがなくなったり、歯ブラシの際の出血が減るなど効果を実感できます。歯石の除去でも状態が変わらない時は、外科的な治療に進むなど、治療が変わることがあります。歯周病は一度治療が終わったからそこで来院を辞めるのではなく、定期的に健診を受けることで悪化を食い止めることができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *