歯周病は、初期の段階では自覚症状が無く、密かに進行してしまうのがやっかいな病気です。

重度になってしまえば、歯の周りの骨が溶けてしまい、最終的には歯を失う事になってしまいます。健康で楽しく長生きするためには自分の歯で食事をする事が重要だと言われていますので、歯周病は軽いうちに病院へ行って治療したり、進行を遅くする努力をする事が重要なのでは無いでしょうか。日本人の成人のうち、80%が歯周病だと言われていますので、自覚症状が無くても一度見てもらった方が良いでしょう。さて、実際に歯周病だと言われたら、実際にどういった歯周病治療をするのかをご存知でしょうか。

まず、軽度の歯周病治療の場合は、歯石のクリーニングをしてもらい、プラークコントロールの指導を受けることになります。歯周病治療に重要な事は、まずブラッシングやフロス、歯間ブラシなどでプラークを落とす事が重要になります。歯医者さんで歯石のクリーニングをしてもらっても、自宅でのケアの仕方によってはすぐに元の状態に戻ってしまう事も有り得ます。歯周病を進行させない為には、自分自身の口内ケアをしっかりとする事が一番大切です。

中程度の歯周病になると、歯茎の下の部分にも歯石が着いてしまっている可能性が高いので、歯茎の下にある歯石を取るディープスケーリングをしなければならない事も有ります。この場合、歯周ポケットが深くなってしまっている場合は、麻酔をして歯石を取る事もあります。早い内に歯周病の治療を受ければ、それだけ治療も軽く済ませる事ができるので、定期的に歯科に通う事は予防の面でも良い事だと言えます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *