歯周病も中等度の歯周病治療になってくると、キュレットという専用器具を使用したお手入れをすることになります。

歯周病治療は、歯周病がどれくらい進んでいるかによって、歯科医院での治療内容は異なるのです。ですから歯周病治療も、軽度の段階ならば、治療自体も簡単なもので済むのです。中等度の歯周病というのは、歯周ポケットが深くなっています。炎症も進んでいいますから、歯を一生懸命支えていた顎の骨は、すでに溶け始めています。歯の状態は安定を失い、グラつきも感じ始める段階です。歯茎は赤く腫れ上がり、安定しない歯は浮くような感覚もあります。この段階では、かなりの口臭も出てきます。

キュレットを使用した、ルートプルーニングの処置になります。歯周病がすでに進行していますから、歯周ポケットは深くなってしまっていて、スケーリングのみでは歯石も、奥深くだと取りきれなくなります。スケーリングだけでは不足というときに、奥深くにある歯石だとか、感染した歯質を取り去るために、ルートプレーニングは必要になります。ルートプレーニングを行うことで、感染した歯質や奥深くの歯石も、歯科専用の器具を使用して取り除くことができます。

歯石を取る器具の手用スケーラーを使い、歯茎の奥深くの感染歯質や歯石を徹底的に取り去ることになります。スケーリングでのケアでは、基本的には麻酔は使いません。ですがルートプレーニングは、歯周ポケットの浅い部分ではなく、スケーラーを奥深くまで挿入することになります。そのため治療の時には、通常局所麻酔を行うことになります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *