歯周病は歯の周りの骨が溶けていき、最終的には歯が抜けてしまう病気です。

歯磨きやデンタルフロスに血がついたら早めに治療を行ないましょう。サイレント・ディジーズと呼ばれ、症状がないままに進行して気がつくと重症になっていることが多いです。歯周病治療の流れですが、まずは歯と歯茎の状態を見て歯周病の進行具合を調べます。レントゲン撮影を行なう場合もあります。歯石や歯の汚れを取り除きながら歯茎の改善を行い、初診から1ヵ月後、再度検査をした結果、改善が見られなかった箇所について歯周病治療を行なうことになるのです。

治療終了後に再び歯茎の検査を行い、結果がよければ定期健診に移行、改善が見られなかった部分は更に歯周病治療を行なうという流れになります。このように、歯周病治療には相当な時間が必要となります。歯科で教えてもらった正しい歯磨きの方法を怠れば、改善できた部分ももう一度歯周病となる可能性は出てきます。結果が良く、その後自分できれいに磨けていると思っても、定期的に検診に行ってみてもらうことは必要なのです。

初期の段階で気づいて改善すれば怖い病気ではありません。しかしながら、症状が悪化し、歯の周りの骨が溶けてくると最期には歯が抜けてしまうので入れ歯やインプラントが必要となってくるのです。歯ブラシやデンタルフロスなどを使って歯垢を付けないようにしましょう。歯垢は毎日口の中に発生します。それを毎日取り続けない限り歯周病は改善しないのです。
渋谷の歯医者のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *