歯周病治療は、歯周病の検査から始まります。

虫歯みたいにわかりやすくないのが歯周病ですから、歯医者での検診で初めて自分が歯周病という事実を、知らされることはよくあることです。歯周病治療を前向きに検討するのは、歯周病が進んで症状が出てからの割合は多いです。ですか自覚症状で気が付く前に、歯科検診で見つけてもらい、歯周病治療をしたほうがケアも楽になります。歯医者での歯周病の検査は、問診からスタートします。現在何か飲んでいる医薬品はあるかどうかとか、これまでの病気など、歯周病治療を進めていくうえで必要となる情報を話します。

目で見えるモノには限界がありますから、レントゲン検査を行います。レントゲンによって、骨や歯の中の状態も調べることになります。歯周ポケットの測定をして、ポケットの溝の深さの測定を行います。これによって、歯周病の状態や進行具合を検査することになります。ポケット測定で深さが深いほどに、歯周病は重度ということになります。

歯周病治療をしていくと、だんだんとポケットは浅くなっていきます。出血が少なくなったり、ポケットが浅くなっていけば、歯周病も改善へと向かっているということになります。ポケット測定ですが、若干チクチクとします。ほかにもプラークコントロールレコードを行い、歯磨きは出来ているか、磨き残しやすい場所はどこかを調べることができます。かみ合わせの検査も行って、歯ぎしりなどもないかも調べます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *