歯科における口コミとはどういったものか

歯科における口コミとはどういったものか

歯科における口コミはほとんどがネットで公開されております。

ネットがないころは人伝えでしたが、今ではネットでリアルに調べることができて便利です。

そのような情報化社会において歯医者さんは自分のことが口コミでどうのようにネット上で書かれてあるのか気になるところです。よほどの失敗をしない限り、ネット上で悪口を書かれることはないですが、いたずら目的が少なくないようです。

個人経営している歯科医にとってはたまったもんではないです。

入歯が合わない、職員の対応が悪い、技術が下手、などと書かれてあるとまさに名誉棄損です。

以前、青森県内の歯科医院で、そのような事例があり、県警がネット会社と連携して30代の男性を逮捕しました。

その男性はその歯科医に嫉妬していたようで、その医院のホームページに毎日数件のでたらめなことを書き込んだと言われています。


そのネットによって口コミで患者さんから歯科医師にいろいろ訊かれたため警察に相談したという経緯があります。

裏を返せば、患者さんがその医院のホームページを見ていたわけです。

ネット社会ですので、噂はひろがりやすいものですが、悪用してしまうと加害者はすぐに逮捕される始末です。


どんな職種でも口コミは怖いものです。
人の心理からすると良い噂よりも悪い噂が広がりやすいものです。

困った顔をした被害者を想像している加害者は楽しんでいるのかもしれません。ですが、加害者がそのような対応をとると、自分に跳ね返ってくるということを肝に銘じていなければなりません。



インターネットが急速に普及し、実世界と同レベルかそれ以上のコミュニケーションの手段として用いられるようになってきました。その情報発信の匿名性から実社会のコミュニケーションの中ではあまり口にできないようなことまでが掲示板やブログ、比較サイトなどで口コミとして掲載されるようになっており、ときには誹謗中傷として非難に至ることすらあります。



口コミを介した実社会にある様々なサービスの評価が流行しており、近年増加してきている歯科の比較のために口コミを集めるサイトも登場してきました。

こういった舞台が作成されたことによって歯科は高い評判を得るような努力をしなければならないと同時に、非難に至るような小さなミスも許されない状況が生まれてきています。

歯科において基本的に行われるべきことは歯の診療であり、虫歯などの治療や矯正、歯の疾患の予防などがそれに該当します。

しかし、歯科の口コミにおいて評価される点はそれだけではありません。

予約や診療のシステムに対する評価や医院自体の清潔さや待合室の雰囲気、医師の問診の際の態度や受付の人の対応のよさなど、サービスを受ける消費者としての立場からあらゆる面からの評価がなされる傾向にあるのです。

時には立地条件として駅や自宅からの遠さすら評価対象となる場合があります。

そういったインターネット上の口コミに対しても情報網を張り、批判や批評に対して誠実に対応していくことが歯科に求められるようになっているのです。歯医者における歯科治療は、日進月歩技術や設備が進化しています。痛みをできるだけ伴わない治療や、審美歯科といって見た目の美しさを重視した診療もされるようになり、治療を受ける側からすればとても利用しやすい環境になってきているといえます。

しかし、歯医者ごとの診療内容にはかなり差がありますし、また保険の適用の有無においても差があります。


同じ治療を受ける場合でも、仕上がりの美しさに差が出てきますし、費用面でもかなり違ってきます。

普段から利用している医院だからと言って、特に比較することなく治療を受けるのではなく、定期的に歯医者の比較をして利用しやすい医院を選択したいものです。歯医者の比較をするときには、インターネットの口コミ情報サイトを利用することをお勧めします。
こういったサイトでは、利用者の口コミ投稿をもとにした歯科の人気ランキングなどが掲載されていて、医院選びの参考にすることができます。

口コミ情報というのは利用者の生の声ですので、実際に利用した時のイメージが持ちやすくなり、大変有用な情報源だといえます。こういった口コミ情報サイトでは、歯医者ごとの基本的な情報も掲載されていることが多いです。診療時間や休診日、保険の適用の有無などが一覧形式で掲載されていることが多いので、歯科治療を受けるときにはまずはこういったサイトをチェックして医院を探してみるといいかもしれません。

サイトから、歯科医の専用ページへ直接リンクをしているサイトも多く便利です。

歯科医院を選ぶ際には、実際に家から近い所で通いやすさを重視する事がほとんどとなりますが、やはりそこの歯科医院の腕前が上手など、細かな事まで情報として分かる口コミサイトなどはとても便利であり、同じ対価を払う事であれば、少しでも歯の治療で傷みが無いなど、メリットのある状況での治療がやはり良い事は言うまでもありません。

しかしながら実際には何処の歯科医院が腕前が良いのかなどを知る事も出来ない事から、インターネットでその歯医者に通院していたり通院の経験をした事のある方の口コミ投稿を見たりする事はとても素晴らしい状況と言えます。
そこに関して色々と調べてみる事はとても素晴らしい状況となって、より良い歯医者を見つける手立てとなる事も考えられます。
そこではやはり口コミサイトの投稿によりある程度腕前の部分など判断の出来る状況も踏まえて分かっていく事となり、そう言った事から色々と良い歯科医院を見つけ出す事が出来る事となり、少し足を伸ばしても色々とサービスの面でも充実している所であったり、コスト的に安い所であったりと、状況も変っていきます。

そう言った口コミサイトの投稿によりある程度情報を知る事となると、やはり状況的に選ばれている歯科医院などはサービスも良く、コスト的にも安い治療費であったり、腕前が確かで治療に際して痛みがほとんど無いなど、やはりそこでの評判は口コミサイトなどで確認する事も重要となって行きます。

歯科のようにほとんどが個人経営の場合、お客さんの集め方が大きな課題となります。


大手企業や大病院であれば、駅に大きな看板を出したり雑誌に広告を出したり、テレビやラジオでCMを流したり、お金があるので色々な手段が使えます。

これに対して個人経営の場合はどのようにすればよいのでしょうか。

個人経営であるため、県内全体に広告を出す必要も無く町内で評判になることができれば十分な集客効果があります。このような場合、口コミを利用するのが最も効果的です。

ではどのようにして口コミを広げていけばよいのでしょうか、効果的な方法が2つあります。

1つめは子供の患者さんを大事にすることです。


子供は虫歯になり易かったり、乳歯を抜いたりなど、大人に比べて歯科を受診する機会が多いです。
さらに、子供にとって通いやすい歯科という評判は子供の通う学校だけでなく、お母さんたちの間で口コミとしてどんどん広がっていくので、ものすごい宣伝効果になります。


子供の治療が終わっら、ご褒美としてシュガーレスガムやキャラクターグッズをプレゼントしたり子供向けのわかりやすい治療説明(虫歯に関する絵本、紙芝居など)ちょっとした工夫で、大きな効果をえることが出来ます。


2つめはインターネットを活用することです。
特にFacebookにページを開設し、歯科医本人の写真を載せ、趣味、日常生活についての日記を掲載します。



歯科医の人柄を紹介し、より身近に感じてもらうのが目的なので日記の内容は歯に関することでないほうが良いです。ご近所にチラシを配って、そのチラシにFacebookページのアドレスを記載すれば、何人かがそのページのファンになり何人かが患者さんとして来てくれるでしょう。




Copyright (C) 2017 歯科における口コミとはどういったものか All Rights Reserved.