歯科医院と健康保険の関係について

歯科医院と健康保険の関係について

病気や怪我で治療を受けるときには健康保険証を使うことができるというのが一般的に知られています。

風邪をひいた時などには保険証を使うことで3割負担で治療を受けることができます。この仕組みは歯科医院でも同じように使うことができ、3割負担で一般的な治療受けることができるようになっています。

例えば虫歯の治療等を行う場合には、様々な治療に対して健康保険を適用することができる仕組みになっていますので、治療費の3割を負担することで治療を受けることができる仕組みとなっています。
そのため歯の治療を行うにあたって治療費の負担についてはずいぶんと軽減される仕組みが存在しています。


この健康保険証を使わずに治療受ける場合には、全額自己負担となりますので非常に高額な治療費が必要になると言えるでしょう。

歯科医院で受けることができる治療の中にはそのような治療も存在していますので、治療開始の前に健康保険を使って治療を受けたいと考えているのであれば、その旨を明確に伝えておくようにしなければなりません。最近の歯科医院では治療開始の段階でしっかりと保険証を使うかどうかのニーズについて確認を入れてくれる場合が多くなっていますが、念のために確認する位の慎重さを持つようにしましょう。
健康保険が適用される歯科治療の一般的な内容については、多くの人が経験する可能性が高い様々な歯のトラブルが適用対象になっていると言えるでしょう。


例えば虫歯の治療のように子供から大人まで高い需要がある治療については健康保険の適用対象となっています。

そのため健康保険証を使って安い治療費で虫歯を治すことができる仕組みになっています。

しかしながら虫歯を治す治療の全てが健康保険の適用対象になっているわけではありません。

現在の歯科医療では虫歯を治すと言う行為1つとってみても、実に様々な方法が存在しています。

例えば健康保険の適用対象となる治療としては、金属の詰め物を行ったりかぶせものを使って歯の治療を行う場合が代表的なものになっています。このような方法を行う場合に限って健康保険は適用されます。

しかしながら最近では金属の歯は非常に目立つため、目立たないような素材を使ってほしいと言うニーズが高まってきています。

そのような要望に対してはプラスチックやセラミックと呼ばれる素材を金属の代わりに使用する場合もあります。


これらの治療の場合には周囲の歯の色に合わせて加工することができるため、非常に自然な仕上がりになるのが魅力です。



自由診療として位置づけられている歯の治療の実際については、最終的には自分で判断をして決めなければなりません。
多くの場合、健康保険が適用される仕組みになっていない治療が自由診療として受けることができるようになっているのですが、それらの中には技術的に非常に高いものも少なくありません。代表的なものとしてはインプラント治療などが知られています。

歯を何かしらの事情で失ってしまった場合、従来の対応としては入れ歯を検討するのが基本でした。
しかしながらそのような治療を行うことも決して簡単なことではありません。

場合によっては健康な状態の歯を抜かなければならない場合もありますので、治療技術としても最高のものであるとは言えないのです。

このような問題に対して自由診療で行われる歯の治療については、非常に自由度が高く実施されていると言う傾向があります。



これまでの治療の常識から離れた新しいタイプの対応法が採用されているケースもあり、より理想的な歯科医療を実現するための方法としても注目されています。

自由診療の治療は決して贅沢な対応をしているわけではありません。

画期的な新しい技術が開発されても、それがすぐに健康保険の適用対象になるわけではないのです。健康保険が適用されない歯の治療は非常に多くの数が存在していますが、それらの治療技術については必要最低限の範囲を超えた贅沢な治療であると言うイメージを持っている人がいます。
審美歯科の治療の中には確かにそのような要素を持っている治療もあるかもしれませんが、自費診療となっている治療技術の中には最先端の技術を活用しているものが少なくありません。
歯科医療の世界でも日々新しい技術が発展していますが、それらを実際に行うためにはお金が必要になる仕組みが存在しています。
どんなに優れた技術でも、そのような治療がすぐに健康保険の適用対象になるわけでは無いのです。

健康保険の適用対象にならない先端技術の治療が多いのも歯科医療の特徴であり、その様な仕組みと上手に向き合うことも大切になってきます。


そのため健康保険が適用されない治療の中にも優れた治療技術が数多く含まれています。

それらについて治療費が高くなるからと言う事だけで検討から除外されるのは望ましいことであるとは言えないでしょう。

このような仕組みについてしっかりと理解しておくことにより、健康保険の適用されない治療の中にも魅力的なものがあるということを知ることが出来るようになります。

審美歯科と呼ばれている見た目を美しく治療する歯科治療は、時として美容整形と同じような感覚で扱われることがあります。

一般的に見た目を美しくする審美歯科には健康保険が適用されないと言う性質があり、美容整形関係の医療行為を受ける場合とかなり似ているといえます。しかしながら歯科治療としてこのような技術を受ける場合においては、必ずしも美容整形と同じように取り扱うのが適切であるとは言えない場合もあります。


このように考えられる理由の1つとしては、見た目を美しく治療することができるというのが副次的な産物でもあるからです。


つまり現在確立されている最高の技術で治療することにより、結果として見た目は自然に美しく整えることができると言う仕組みになっていると考えられる場合もあるのです。

このような治療の場合には健康保険が適用されなくなるのが一般的です。
そのため安い治療費で歯の治療を受けたいと考えている人にとっては選択肢から除外されやすい傾向があります。
しかしながら最高の技術で見た目も美しく治療することができる選択肢が健康保険の適用対象外になっていると言う事実についても知っておくと良いでしょう。


保険診療での治療が1番良いと言うわけでは無いということを知っておくことも大切です。

最近の歯科医院では治療開始の前の段階で保険診療の範囲内で治療を受けたいか、それとも提供可能な最も望ましい治療法を説明してもらいたいか、あるいはその両方を使い分けながら治療をしたいのかを選択することができるアンケートを実施している場合が少なくありません。

このようなアンケートを実施することによって治療を受ける側がどのような考え方を持っているのかをあらかじめ把握しておきたいと考える歯科医師が増えています。
このような傾向が強まっている背景には、保険診療の範囲内で提供することができる治療が最良のものではないという現実があるからです。
一般的な傾向として保険診療では見た目をほとんど気にしていないと言う性質があり、若者を中心に保険診療での治療に抵抗感じる場合もあるのです。

そのような場合の選択肢として健康保険が使えない一方で見た目がきれいになる治療の選択肢を知っておくと言うことも大切です。

このような治療を希望する場合には最初の段階でしっかりと意思表示をしておくのが良いでしょう。


そのためにも保険診療以外の自費での治療に対する誤った考え方については是正しておくことが推奨されます。



健康保険が適用されないということが最良の治療では無いということにつながるわけでは無いのです。
このことは詳しく理解しておくべきでしょう。



Copyright (C) 2017 歯科医院と健康保険の関係について All Rights Reserved.